サビキ学

サビキはとても奥が深いと思います。

つれるときはどんなサビキでもある程度つれるのですが、食いが悪いときはとてもセンシティブな戦略的フィッシングであると思っています。

サビキといっても、和歌山の加太地方のビニールで釣るものから、相模湾で盛んなウィリーもサビキの一種です。九州の落としこみ釣りを経験したことがありますが、くわせサビキという仕掛けを使い、

くわせさびき

大きさも、毛も、素材も、色も、地方地方でなぜこんなにバリエーションがあるのか?そんな疑問も、おそらく、地方地方で「釣れるサビキ」があるから。という答えで終わってしまう。

では、なぜその地方で釣れるサビキがあるのか?地方の海ごとに食生活が変わるからだろうが、ならば、潮の入り方、季節によって使うサビキが異なってもいいのだと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。