suzuki DT5 メンテナンス

平成8(1996年)年6月の型式00502SのスズキDT5。

IMG_4695

とても程度よく、カウルをはずした中身なんか新品?と思えるほど。 7年間動かしていないとのことでしたので、内部清掃をしてからエンジンをかけることにしました。

前のオーナーのHさん、本当に丁寧に扱ってらっしゃる。
「ちょっと手違いでステアリングの軸を傷つけたみたいで動きが悪いです」といわれていたので、家に持ち帰ったあと確認してみると、「ギッチギチ」でステアリングが動かない状態でした。
傷がついてこんなにギチギチになるものかなあ?と思い、ばらしてOHしてみようということに。
思い立ったらすぐにやらないと気がすまなくなる性分(というかほぼ病気?)なので、ちょっとした時間を見つけて
ばらしてみました。すると、古いグリスがガッチリ固まっていて、しかも、スイベルブラケットのブッシュ類(アジャスタ含む)にはグリスが殆ど届いていない状態になっていました。
後で組みなおしてグリスニップルからグリスアップしましたが、ブッシュの周りまで届かないんですね~。なので、グリスガン、グリス、パーツクリーナー的kure6-66を購入し分解清掃。
OHなんて大それたものではなくやってみたところ、綺麗に復活。

Hさんに、傷ではなく、とても綺麗にうごくようになりました~!と報告。
あとは、キャブレター、インペラ(ウォーターポンプ)が正常動作してくれるか?そればかりが心配で、毎日毎日ググりっぱなり。
DT5の資料ってもはやあまりなくて、海外からマニュアル類を取り寄せると、それだけで4000円~!この時代にして・・・。
DT8も共通パーツが多く、構造もほぼ同じなので、それもググって仕組みを勉強。
消耗品が必要になった場合、古い部品も購入できることがわかり、釣りよりも機械いじりに夢中になってゆく自分がいたり。

ネットでパーツを購入できるお店(パーツカタログがない場合、問い合わせをすると↓のようなPDFを送ってもらえます)

DT5-パーツ(←ウォーターポンプ、キャブレター、ステアリング周り)

整備手順はこんな感じ。

1.ステアリングOH

2.各種ニップルからグリスアップ

3.ギアオイル交換

4.スパークプラグ清掃

5.ウォーターポンプ外から清掃

と簡単なもの。

◆工具

①12mmスパナ(ラチェット)

②グリスガン

③プラスドライバ

④軍手

⑤クレ6-66(パーツクリーナーでもok)

◆グリスやオイル

①ギアオイル(スズキのエンジンにだってYAMAHAのギアオイルでOKです。一回で270mlぐらい使用)

②リチウムグリース(殆どこれで大丈夫。類似のモリブデングリースは使わない。使うとしたらチルト部のみかな)

③汎用シリコーングリース(耐熱・耐水が強い。樹脂・ゴムが触れるところに使用。こまめに塗る)

YAMAHA ヤマハ 船外機ギアオイル 350ml 1本

YAMAHA ヤマハ 船外機ギアオイル 350ml 1本
価格:634円(税込、送料別)

信越化学工業 シリコーングリースG40 100g G40M-100

信越化学工業 シリコーングリースG40 100g G40M-100
価格:1,536円(税込、送料別)

清掃前に試しに動かしたい気持ちを抑えて、清掃後まで待ったのは我ながらエライ。以前車を一年乗らず、1年後にエンジンをかけた時、思いっきりふかしてしまいターボを壊した経験があったので、かなり慎重になりました。

↓オイル交換をしているところ。これが「白い」とギアボックスに海水が入っていることだそうで、大事件だそうだ。

IMG_4689

エンジン始動後、検水口からなかなか水が出なく、出た後も安定せず「あーあ、インペラこうかんかなぁ」なんて思っていたら、あるページに塩とかゴミが検水管に詰まっている場合があるから、電線みたいなのでたまに清掃するのがいいよ。と書いてあるページがあったので、早速、家にあったオーディオケーブルを裸にして、寄り直して清掃。すると嘘のようにじゃんじゃんと出るようになりました!!

整備を委託してしまうのはアリですが、海の上でエンジンに何かあったときに自分でなんとかしなければなりませんからね。初めは自分でやったほうが安心です。(とはいっても、船上での修理も限界ありますが。)

 

No tags for this post.

「suzuki DT5 メンテナンス」への4件のフィードバック

  1. インペラに異常は見られませんが 水が出ません どうしたものでしょうか?

  2. 松村さん、
    参考になるか分かりませんが、回答させていただきます。
    インペラに問題がないとなると、
    ①パイプのつまり
    ②吸水出来てない
    ③途中で漏れている
    の何れかだと思います。

    私の場合、出が悪かったので水の出口から細い針金を入れて掃除したらめちゃくちゃ勢いよく出るようになりました。
    インペラの確認までされているという事でパイプの詰まりは確認済みかもしれませんが。
    あとは吸水部の詰まりの確認ですね。
    何処かで漏れている可能性がある場合、水位を出口近くまで高くするとチョロっとは出てくるはずです。
    それでもダメな時は
    http://8912.teacup.com/kidd13/bbs
    に書き込んで相談するととても親切にご対応頂けます。
    また、私の場合は
    スパイラルマリーンさんに持ち込んで実物見ながら相談させていただいたこともあります!
    http://www.spiralmarine.com

    ご参考まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。