鉄オモリがやってきた!鉛との比較。

楽天で発注していた下田漁具のFeシンカーがやってきました。

以前の記事
で、鉛の怖さを知って、価格もタングステンより安価な鉄のおもりを見つけ早速購入しました。

IMG_3105_R

とりあえず一番使いそうな号数を数点購入。

25号で鉛とFeシンカーで大きさを比較してみました。

omorihikaku

たいした大きさの差はありません!

値段の 差は・・・。以下に表を作ってみました。

倍率を見てしまうと25号ぐらいまで2倍以上。でも根がかりしてゴミ・・いや、鉛という物質を海底に残してしまうことを考えると一瞬立ち止まってほしいところです。実際の金額差額は20~30号は100円を超えますが、15号以下は数十円です。また、60号を超えると同額以下になり、鉄オモリのほうが安くなります。

★Feシンカーを買えるサイト★

hikaku_Fe

エコ鉄のラインナップは(60、80、100、120、150、180、200、250、300、350、400、480、500、530、600、700、800)

Feシンカーのラインナップは以下です。

feオモリ

★Feシンカーを買えるサイト★

★エコ鉄おもりを作っている会社★

鉛フリーに取り組んでいるフジワラのおもり⬇︎

フジワラ スカリーミニ S 4号 緑発光

フジワラ スカリーミニ S 4号 緑発光
価格:651円(税込、送料別)

No tags for this post.
2014年11月19日 | Posted in 釣りのコラム, 釣具研究 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。