イカとカワハギ 【実釣】

11月も半ば過ぎ。気温はまだそこまで下がっていません。初心者多数でも楽しめそうな日和。雨さえなければ。
葉山港にある、与兵衛丸にお邪魔させてもらいました。

イカを釣らせたらすごい船頭。という看板船長に、全員イカ初めてです。そしてカワハギのリレーで!という大変失礼なお願をして仕立ててもらった船です。
そう無理がいえるのも、船頭は会社の先輩のご友人と言うことならではなのです。
イカはいきなり乗り合いで行くとなかなか勝手がわからず、船頭に怒られたり(笑)慌てたり(>_<)してあまり面白くないと聞いていたので、ならば仕立てで練習を兼ねてというのが今回の目的の一つ。
さて、釣果はと言うと、ヤリイカ0~2杯。カワハギは1~15枚。と言うことでした。

ヤリイカは時期からしてチョイ早く、型も小さめ。思ったより当たりがわかりづらく、初心者の釣りとしては厳しかったのは確かです。

乗船し、出港前に港でイカツノの扱い方と電動リールの扱い方を一通りレクチャーしてもらい、いざ出発。
第一ポイントとされる江の島沖を目指しゆっくり船は進む。そして先陣を切っている船たちが船団を作っている周りを通過・・・。そしてエンジン音が激しくなり、場所を大きく移動。
どうやら釣れていない様子。

30分ほど走ったところでいれて~の合図。水深140M とアナウンスが。糸が流され、電動リールのカウンターは155Mで着底。ゆっくりと大きくしゃくりあげる。あまり強すぎるとヤリイカは身切れをおこしてしまうのであくまでも慎重に。
着底後、4~5回は同じ深さをしゃくり、当たりがなければしゃくった分だけ上へ上へ糸を巻いてあげてゆく。
ヤリイカは高くても底から10Mまでで乗ってくるというので、10Mしゃくればまた落とし込む。
その落とし込むときに、一回30Mぐらいリールを巻いて落とし込むと、落とした時にさらにイカが乗りやすくなるらしい。
落とし込みと呼ばれる技術だそうな。

何度か場所を入れ替えたりするも、魚影が薄く、移動も早く、活性も低いとのこと。

そうこうしているうちに、目の前の船で歓声が上がる。見てみると、5キロはある鯛を上げていた。
どうやらイカの泳がせで釣ったらしい。
うー、早く泳がせをできるくらいイカを確保したいものだ。

そうしていると、葉山出身者(今回の船頭の友人)が20㎝ほどのヤリイカを上げた。
「いる!いることはいる!」
船上は一気に活性があがり、凝り始めた左肩に鞭をうち再度きれいなシャクリ大会が始まった。

しばらくすると、モソっと言うあたり。
ゆっくり電動リールのスイッチを入れる。シマノの電動丸3000Plays で16の速度で巻き上げる。
巻き上げる。テンションがかかる。巻き上げる。テンションが消える。・・・・。痛恨のばらし。
16でも早すぎるようだ。船頭からは10~12ぐらいがベストと言われる。
竿は120号負荷に耐えられるようにと、カツオメジ用に先日購入したこれもシマノのシーマイティ73 50-240を使っていた。イカには少し硬いのだろうか。次は慎重に上げようとあたりを獲りなおす。

船頭から「落とし込んで~」のアナウンス。魚影が出ているのだろう。
底に落とし込み、一回たるませてカワハギのようにツノを躍らせる。140メートル海中ではどれだけ踊っているかは不明だが。
7mほど上げた時、グンっ という明確な当たりが出た。
今度は竿を手持ちにして、10の速度でゆっくり巻き上げる。
140メートルをゆっくり上げるというのは心臓に悪い。なかなかカウンターがひとケタ台に突入しない。
でも耐える。ようやくひとケタ台に。きっちりテンションがある。「ばれるな~ばれるな~」 と唱えながらついに取り込みへ。下針から2つめに20センチほどのかわいいヤリイカが顔をだした。
とりこむまで、ほかのツノがてに刺さっても記憶がないほど焦りながらとりこんだ。
ようやく一杯。ふ・・・・・う。これは大変な展開になりそうだ。持ってきたタッパーと沖漬けの材料が無駄にならなくなったことと、家で待っている?妻への言い訳から逃れられたことで、のどが乾いていたことにようやく気づく。

持ってきたペットボトルの水をぐびっと飲んで、近くにいるだろうイカの群れにツノを送り込む。
周りではちらほら上がり始めた。しかし、初心者と言うこともあり、ひとり1杯がやっとの状況。
後ろの左ミヨシでは「ハモノ」にイカの頭だけをとられるという悲惨な状況が2連続で発生。
やっぱりハモノがいる。泳がせをしたいな・・・と思いながらも、貴重な一杯を餌には出来ない。

そんななか、同じように7~8M巻き上げたときに、こんどはじんわりと重みが乗った。
2杯め。なんなくとり込めた。たかが2杯。されど2杯。刺身、沖漬け、泳がせの餌、イカフライ、イカ大根。
たくさんの料理が思いつくが、2杯しか今は作れないことを思うとさびしい。

よ~し、これからだ!と気合を入れるが、今回初めて釣りと言うものに触れる友人にまだ釣れていない事を考えると、自分の事ばかりを考えてもいられない。
自分がさらにつるのか、友人のアシストをして釣らせてあげるのか。悩んだ末、アシストに回る。
しかし、それっきり魚影がはっきりしなくなってしまった。

12時を回り、カワハギやるならもうそろそろの時間になってしまったところで、仕方なく皆にイカを諦めるように伝えた。2杯めのイカはその友人にわけることにした。

移動中、初の沖漬けと言うものを作った。かわいそうだった。はっきりいってむごいな・・・と思った。
帰ってからの話だが、酒のつまみとして、そのまま輪切りにして食べたところ、こんなにおいしいものだとは
知らなかった。かわいそうだと胸を痛めながら、そのおいしさに感謝をした。ごちそうさま。

さて、カワハギだが、葉山沖だろうか。水深は30M。
集魚板兼、中おもりは3号と重めのラバースカート風なもの。針は4号と小さめ。
餌は配られた冷凍アサリで、船内にざるがないため、ヌルヌルが取れきれない。
適当につけると必ず餌だけなくなって帰ってくる。
隣の先輩が2枚立て続けに上げるが、ワッペンサイズ。初心者にしてみると、餌をしっかりつけて
聞き合わせが重要になってくる展開。序盤、たたき⇒当たり⇒たるませ⇒聞き合わせ が乗りが良く、一時間ほどで10枚。
初心者にレクチャーしながら、のこり20分でどこまで数とサイズを伸ばせるか真剣勝負に。
大型も1枚先輩があげ、28センチほどの肝たっぷりのおいしそうな一枚。自分もと、小型を嫌って餌を動かしまくる。
26センチ、24センチがまあまあという今回。2枚の刺身分確保で良しとするか。
後半に入って急にたるませでのフックアップができなくなった。変わって中層での釣りに変更。
底から20センチほどあげてふわふわ躍らせて食い込みを待つ。向こう合わせでフックアップする。
極小サイズ、餌取り多数の中、残り15分で追加5枚なのでよしとしたい。

初心者もたるませ⇒聞き合わせ もしくは完全に向こう合わせで2~5枚を獲って終了。

小型のカワハギはそのままから揚げにして(妻が!)野菜ソースで食したところ、まあおいしい。
河豚に似てプリッと淡白な味はやはり妻に「かわはぎならいつ行ってきてもいいよ」と言われるほどの絶品。
たしかにうまい。今までは刺身と煮付けだけだったが、ひょっとすると、刺身on肝 と から揚げが定番になりそうだ。

無事怪我もなく解散できたことで、釣果はいまいちでも健康第一と考えると上出来。
天候も、予想雨が最後には晴れるまでに。
なかなかいい釣りだった。

(文:1310)

2010年12月16日 | Posted in 船釣り | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。