水江町公園 早朝釣り

アナゴが気になって気になってしょうがない平日子持ちサラリーマンが下した本日の行動。

潮まわりが割といい。ならば行こう。ということで、子どもの寝かしつけと同じくらいの21:30に寝て、1:30に起きて、そ~っと川崎水江町公園につりに行ってきました。
えさはさんまの冷凍を買ってあるのですが、何回かのアナゴつりでまったくつれないので、途中勇竿釣具店の自販機でアオイソ(300円)を買って行きました。なんだか久しぶりの自販機えさ。わくわくします。
 
釣り場に2:45に就きました。駐車場から奥の飛び出し堤は先客(イカねらい)がいたので手前の飛び出し堤に釣り座を構えます。たんまり持ってきた竿セット(合計8セット)をつぎつぎ用意し、錘10号の丸セイゴ12号に夜光ビーズを入れてアオイソを房掛けにして投入します。
ポイントがわからないので、手前、中間、沖、遠投 と虫えさとさんまの切り身を投げます。
時合いは5時ごろと踏み、1時間前から勝負の時間としていました。
しかし、一向にあたりがありません。途中一回だけ「りりん」という音が聞こえたのですが、それっきり。こまめに餌変えをしても、さんまえさには反応ゼロ。イソメはたまに針先までかじられて帰ってきます。そうこうしているうちにもう4時。すこしづつ明るくなり始め、シーバス狙いの人がちらほらやってきます。真剣にさびきながらあたりを待ちます。すると、コココンッ というあたり。・・・はぜでしょう・・・はぜでした。
かわいそうと思いながら、はぜを餌にわらしべ釣りもしてみました。(結果はNOFISH。)
もい一度はぜのあたりが出た少し沖目に投げ、さびきます。すると、ビビビッ!!あわせますが手ごたえがありません。巻くと重いので、何かがついているだろうとおもってあげてみると・・・
シャコ!!!おいしそう!!18センチという大きさにはちょっとうれしくなり、数匹つれたらもってかえろうとバケツにいれるも、結局はこれ一匹。
回りもぜんぜんつれておらず、今日も娘たちの朝食係サラリーマンは5:00帰路につくのでした。
ということで、結果!はぜ8センチ、シャコ18センチ!以上。
帰り道の不思議な記載トラック(ヨーク見てみよう。)毒なのに~
そして、とても重要なこと。片道30キロを燃費約リッター20キロで走ると、3リッター。つまり、160円だとすると、480円。えさ代あわせて、780円。
そんな「ちょいと釣りいってくらあ」でした。
No tags for this post.
2014年06月17日 | Posted in サラリーマン釣行, 全部 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。