FAB Anglers「中華レーザーカッター」 

さて、台風やら、夏休みやらで、本格シーズンを目の前に相変わらずデジタル機材に翻弄されている1310です。

今回は中華レーザーカッターの購入についてです。まず中華レーザーカッターは何ができるのか?

①紙や段ボールやバルサやカッティングシールなどを切り抜ける

②布や木材、皮、アクリルなどに彫刻ができる

というものです。

つまり、切る加工と彫刻加工ができます。その中でも比較的レーザーの強さが低い(といっても家庭FABでは十分)物はLEDレーザー加工機として、安いものだと1万円台から購入できます。

最近は前の記事にも書きましたが、3Dプリンターにオプションでレーザーカッター機能を持たせることもできるものが出てきています。

私が購入したのはこれ

出力が1500mwレベルでシナべニア2mmが切り出せるというのでそれならばもっと高出力なら厚いものが切れるんだろうという安易な考え方で高出力の加工範囲が広めの30cm×40cmのものを選びました。

laser

といってもレーザーはとても危ないものです。目に入れば大事になります。焼けるわけですから。

名探偵コナンやキャッツアイ(古い・・・)で宝石を守るためにレーザ光のバリケードのような絵がありますが、レーザーは波長と加工素材によって吸収率が異なり、一部は乱散光や反射光としてあちこちに飛んでいきます。

中華レーザーの多くはボックスタイプではないため、レーザーがむき出しになっているので取り扱いには十分な配慮が必要となります。

作業者は波長に合わせたレーザー保護グラスをかけて目を保護しますが、それ以外にできれば石膏ボードなどで反射光を散乱させないように覆うことが理想です。

そして消火器も!

で、ルアー作りにどう使うのか???ですが、

①バルサを切ります。

→バルサルアーの元を作ります。

②アクリルボードを切ります。

→ルアーのリップを作ります。

→錫スプーンの型を作ります

→アクリルルアーを作ります。

③謎です。

そうです、何ができるか、これから考えます!!

で、今これを作っている最中なのですが、ありがちな欠損部品!!!

こりゃ、秋葉原で買わないといけなくなるかな~~と心配しましたが、大変失礼いたしました。このショップ、とてもとても親切で、すぐに配送してくれました!

このようなショップ、助かりますね。

No tags for this post.
2016年08月29日 | Posted in 未分類 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • ATRA より:

    1310さん、はじめまして。

    新潟でカヤックフィッシング時々自作を楽しんでおります ATRAと申します。パーソナル・ファブリケーションと釣りを楽しんでおられる点で何か同じニオイをカンジて書き込みさせていただきました。

    3Dプリンターは欲しいものの、今一歩踏み切れないで居る自分ですが、今後もいろいろと参考にさせていただきます。

  • 1310 より:

    ATRAさん、初めまして1310です。
    コメントありがとうございます!!
    3Dプリンターはまだまだ始動したばかりの初心者ですので、実験台として相談ください!
    カヤックの艤装部品なんかも作れたらな~なんて思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。