新場所開拓!カヤックフィッシング

刺身になった写真のみ(笑)

写真間違って消してしまったのです…(^^;;

カワハギー❤️

鯵ー。

釣果は 45センチ鯖 3匹、49センチ鯵1匹、20センチカワハギ1匹、20センチワカシ1匹。

葉山沖45mラインで魚探にベイトが映ると、なにかしら当たってくるという展開で、途中、シイラのチェイス、ワカシの大群に楽しませてもらいながらの釣りでした。

カワハギ以外全てジギング。鯵はスレがかりでしたが、いいサイズだったので幸せです。

さて、ジクの方ですが、スズジグのロングに当たりが頻繁に出ました。相変わらず、100サーディンは当たりが出ません(笑)しかし、アシストフックのバランスの問題か、バラし連発…。

長めのアシストフックが必要と判明。持ち合わせていなかったので断念し、鯖に(も)効果的なブランカを入れると連発。

嬉しいけど悲し…。バランスって大事。

カヤック専用エコジグ開発者として、なんか違う、この形じゃないと言う結論を頂いたのでした。

ストンと落ちる。巻抵抗が少ない。フォールに間がある。ただ巻でウォブリングする。しゃくった時のキレがある。そして安い。

スズという素材特性を活かさないと。いまは環境に優しく、フォールがゆっくりなジグ。になってしまっています。

がしかし、面白い事を発見しました。

フォール時ライン抵抗によって、ある水深からは例えセンターバランスのジグも、お尻を下にスーッと降りていきます。そして、スズジグの場合、比重が軽いためか、割と浅い水深でもワンアクション入れるだけでフォールが途端に速くなるのです。

これ、皆さんやってますよねきっと。でも、これがヒントで、次の型の設計が進んでいます。

乞うご期待を!!

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。