梅雨の合間にハゼ in 妙典

雨雨雨雨雨雨雨。
まさに梅雨。
仕事と雨の相性がよろしくない。
そして合間に寝坊・・

先日のテンヤマスター(幼稚園パパ友)と話をしていたとき「子ども達に釣りを体験させたいよね~」という一言で勃発した企画。そうだハゼつりにいこう♪

  
と企画をしたものの、おそらくの雨。前日に、釣りは無理だから行き先は江戸川ではなくラウンドワンの遊ぶほうに変更~なんてメールをしていて朝起きたら・・・ちょうど昼ぐらい雨降らんぞ!!!ということでさらに急遽メール「釣りに変更!」皆さん大慌て(ごめんなさい)4家族9名(パパ4 5~6歳児4 1歳児1)

で、お菓子いっぱいもって(笑)いつものたかはし遊船さんに到着。あれ?水がない!お店の女将さんに、「ちょうど潮干狩りの潮周りの干潮時だからカニとってあそびな~♪」って・・・。たしかにそれくらいしか水ないよなあ(笑)

  
相談したら、もう少し上流に女将さんの親戚がやっている船宿があって、桟橋が大きいから出来るかも~と。子ども達がカニに夢中になっている最中に探しに行くと、見つけました。が、桟橋つりはやっていません。とその奥にマルヤ遊船というでっかい桟橋のお店を発見。そして、つりできるよ~~♪と。

  
桟橋の先のほうにぎりぎりある水面に数名の方々もいたので、迷惑にならないかなとお店の人に「子供が5名なんですけど、騒がしいんですけど大丈夫ですか?」ときくと、「だいじょうぶだいじょうぶ」と言ってくれました。

ここのお店はリピーターが多いと、とあるブログに書いてあります。そのことがわかる感じ。とっても気さくでナチュラルでさわやかなお店の方ばかり。お店のTシャツもかっこよく、ファンになってしまいました。さらに貸竿無料!!!!!!

そして、実釣。

貸竿は4号くらいのナス錘に3号針直結。餌は青イソの豆掛け。水深30センチから70センチで頻繁なあたり。上がって来るのは4センチから8センチがアベレージで、たまによく針にかかったレベルの極粒(笑)で実釣3時間で子供と戯れながら50匹程度!これはいい感じに今日のおつまみになります~♪

  
ということで、早速天ぷら。嗚呼これだよこれ。

自分が子供のときに親に連れて行ってもらったハゼ釣り。自分の子ども達といけるようになりました。感慨深し。

  
ハゼのてんぷらは絶対に子ども達の舌と肌に残したい風物詩です。

岸つり料金 大人1000円 えさ500円

因みに、内臓は取り除いてます。一番早いのは楊枝でお尻の穴からグリグリとやってから押し出す方法。他は小出刃の先やカッターでお腹に切り込みを入れて掻き出す普通の方法。小さいからといっても慣れればまあるい身体つきなので難しくもありません。

釣り道具よりもテンプラの用意を。

 

2015年07月06日 | Posted in サラリーマン釣行 | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。